大腸内視鏡検査で病気の早期発見

大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡を挿入して腸内の様子を診る検査です。検査でポリープが見つかれば可能ならその場で取り除くこともできます。がんの発見にもつながります。大腸内視鏡検査でわかるのはそれだけではありません。潰瘍状態やクローン病などを早期発見して適切な治療を早く始めれば、症状も重症になる前に抑えることが可能です。便秘や下痢を繰り返すので心配な人も、検査をすれば過敏性腸症候群や腸内の炎症、アメーバ赤痢など、原因がはっきりするケースも多く、今まで悩んでいた症状を治療する方向もみえてきます。検査の前には消化の良い食事をとる、タバコやお酒を控える、下剤を正しく使って腸内をきれいにするなど事前の準備が大変ですが、必要な準備を正しく行うことがスムーズな検査につながります。40歳を過ぎるといろいろな病気のリスクが高くなるので、病気の早期発見のためにも定期的に行って欲しい検査の1つです。

大腸の内視鏡検査は直前が少し大変

人は一日に必要な水が1リットルから2リットルぐらいと言われています。それを一日かけて飲むことはできるでしょう。しかしそれを一気に飲もうとするとかなり難しいです。何とか500ミリリットルぐらいは飲むことができますが、1リットルを超えるころから苦しくなってくることがあります。もちろん通常は無理やり飲むようなことはありません。でも飲まないといけない場合があります。大腸の内視鏡検査を行う時に試練がやってくるのは実はその直前とされています。当日にどのようなことをするかですが、特殊な下剤を飲んで腸内をきれいにします。その時には一緒に水分も取ることになり、それが2リットル近くになることがあります。そのためかなり大変な場合があります。病院で行わないといけないので、検査前数時間前には着くようにして準備をすることになります。

大腸の内視鏡検査でポリープを見つけてもらう

体の皮膚に何らかの問題が出てくることがあります。怪我などでキズが付くことのほか、できものができたりすることがあります。またかゆみが出てきたり、鈍痛のようなものが起きたりすることがあります。それらの場合は何らかの治療を行う必要があります。体の中にもできもののようなものができることがあります。それはポリープと言われています。消化器系の内臓内に出来ることがあります。大腸の内視鏡検査をしているとカメラによって中の様子がわかるようになっています。その時に医師からポリープがあることを告げられることがあります。ポリープはできものなので必ずしも恐れる必要はありません。しかしがんの元であったり、将来的にがん化する可能性があるタイプがあります。その場合は切除などの対応が必要になります。組織の採取や、カメラの先のナイフで切り取れる場合があります。