大腸の内視鏡検査で空気を入れない方法

医療技術の高度化は、まず難病と言われていた病気への治療があります。これによってこれまで治せなかった病気が治るようになります。それ以外に治療方法の多様化があります。これによっていくつかの中から選択できるようになりました。そして楽に効果のある治療が受けられるようになっています。苦しかった治療が楽に受けられるようになれば負担が減ります。体が弱った人でも受けられる場合があります。大腸の内視鏡検査は苦しい、辛いイメージがあるようです。その一つに空気を入れながら行う方法があります。腸を引き延ばしながら行うために圧迫感があるようです。医療機関によっては空気を入れずに行う方法があるようです。腸を引き寄せてカメラを入れていく方法があります。それぞれの医療機関で少しずつ方法が異なります。どこでも同じ検査方法なわけではありません。

大腸の内視鏡の検査では眠っている間に行う

病気の治療の時には痛みを伴う場合があります。時には痛みのために気絶をしたりすることもあります。ですからあまり強い痛みがあるときは麻酔を行うことになります。手術では一般的に行われていますが、歯科治療などでも行われることがあります。部分的に麻酔を行うこともあれば、全身にかかる麻酔を行って治療をすることがあります。麻酔の専門の医師が目的に応じて行います。大腸の内視鏡の検査を行う時、実際に画像を見ながら行うことがありますが、それ以外には検査の間は眠っているようなこともあります。それによって負担を軽減できる場合があります。この時は麻酔ではなく鎮静剤などを先に投与されます。そして寝ている間に検査が行われます。その時の情報は保管されていて、そのあとに実際の映像を見ながら話を聞きます。あとでじっくり聞くことができます。

大腸の内視鏡検査について

大腸は人間の臓器の中でも非常に重要な部位です。腸内フローラという言葉がありますが、生息する善玉菌と悪玉菌の割合を保つことは健康を維持するうえで重要であり、このバランスが崩れると体に様々な支障が現れると言われています。健康診断では大腸の検査を行うのは便をとることぐらいであることもあり、定期的に内視鏡による検査を行うことが理想です。ただ、一般的には苦痛を伴うことが多いとされ敬遠されがちです。この内視鏡検査は使用される道具もさることながら、検査を行う医師の技術にも大きく左右されると言われていることから実績の多い病院を選択することが必須です。更に現在は、無痛大腸内視鏡検査という方法があり、腸をたたみこんで短縮しながら挿入していく方法があります。時間は従来の方法よりもかかりますが、痛みを極力なくすことができるので、中でもこの方法で検査を行っている病院がお勧めです。